グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  市民向け公開講座ご案内 >  土地の所有権は放棄できるのか

土地の所有権は放棄できるのか


 自宅にある要らなくなった物をゴミとして処分することができる。しかし、土地や建物のような「不動産」は要らないからといって、一方的に「廃棄」(所有権を放棄)することはできるのか。相続によって価値や関心のない土地を承継してしまった場合は、管理しなければならない。
 所有者がいない場合は、国庫に帰属すると民法には規定があるが、そう簡単に認められないのが現状だ。
 現在、所有者不明土地問題を中心に不動産をめぐる法制度について改正を前提とした議論がされている。
 土地の所有者としての権利と義務、そして放棄の可能性について現行の法制度とその限界について解説する。