グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  市民向け公開講座ご案内 >  科刑方法の不合理な点

科刑方法の不合理な点


 重い罪には重い刑、軽い罪には軽い刑、という罪刑均衡は、今日の了解事項です。ところが、場合によっては軽重差の消滅や軽重の逆転を生じることがあり、罪刑均衡を貫徹することができません。他にも不合理な点があり、刑法改正では対応できない問題もあります。裁判員制度の下では一般市民が刑罰制度の難問に直面することもあり得ます。問題の存在を認識して頂くために、少し解説したいと思います。