グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  市民向け公開講座ご案内 >  人が亡くなったときの損害の算定の方法と問題点

人が亡くなったときの損害の算定の方法と問題点


 学校法人森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自殺した財務省の方(当時54歳)の妻が国などに損害賠償を求めた事件で、国が原告の請求を認める「認諾」を行ったことが話題になりました。報道によれば、国は、請求額の1億700万円を支払うことになるそうです。この1億700万円というのはどう評価すればよいのでしょう。
 人が亡くなることは大変悲しいことですが、一体その場合の損害賠償の金額はどうやって計算するのでしょうか。亡くなった人によって違いがあるのでしょうか。
 交通事故、労災事故等、人が亡くなったときの損害賠償の計算の方法、その問題点などについて弁護士である講師がわかりやすく解説します。