グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  市民向け公開講座ご案内 >  親子をめぐる法律問題

親子をめぐる法律問題


 「親」になるために資格試験があるわけではない。しかし、親子関係について民法は、あらかじめいろいろな問題を想定し、「こんなことが生じたら」、「このように解決する」ことが合理的である、と規定をしているものがいくつかある。そもそも、未成年者に対し、長年にわたり「親権者」としての責任が発生するが、その具体的な権利内容について学ぶ機会も少ない。しつけと称した行き過ぎた親権の行使(濫用)による虐待や育児放棄のニュースが絶えない。本講座において、法律が「親」と「子」をどのように関係づけているのか全体像をご一緒に見てみる機会としたい。