グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  教員紹介 >  実務家教員

実務家教員



浅賀 哲 教授:センター主任

弁護士
研究分野 要件事実、民法、民事訴訟法、刑事法、少年法
略歴 中央大学法学部政治学科卒。1995年弁護士登録。2011年より愛知学院大学大学院法務研究科特任教授。2017年より現職。
現在の研究テーマや関心のある領域 事業再生、経済法、子どもの虐待防止、少年法

近時の研究業績

  • 『非典型担保権と民事再生手続法上の中止命令,担保権消滅請求』2016年・愛知学院大学法学部同窓会法学論集第5巻
  • 『破産管財人のための破産法講義』2014年・愛知県弁護士共同組合

法律実務に関する活動

  • 中部倒産処理弁護士ネットワーク(全国倒産処理弁護士ネットワーク)事務局を歴任
  • 愛知県弁護士会副会長を歴任
  • 中部弁護士会連合会理事を歴任

学会および社会における活動

愛知法曹倫理研究会会員

特技・趣味

旅行、歴史書等の読書、水泳

岩井 羊一 教授(特任)

弁護士
研究分野 要件事実、民法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法
略歴 京都大学法学部卒。1995年弁護士登録。2014年より愛知学院大学大学院法務研究科特任教授。2017年より現職。
現在の研究テーマや関心のある領域 刑事訴訟法 裁判員制度 取調べの可視化
労働者災害補償保険法 地方公務員災害補償法

近時の研究業績

  • 『マツヤデンキ事件の今日的意議』2017年・季刊・労働者の権利321号
  • 『カミングアウトを強制―愛知ヤクルト工場事件の概要と意義』2016年・労働法律旬報No.1875

法律実務に関する活動

  • 愛知県弁護士会 副会長を歴任
  • 日本弁護士連合会 刑事弁護センター 委員(平成26年~ 副委員長、平成29年~現在 事務局長)
  • 愛知県弁護士会 紛争解決センター 副委員長
  • 愛知県弁護士会 取調の可視化実現本部 委員(平成27年4月~平成29年3月 副本部長)を歴任
  • 日本弁護士連合会 第13回国選弁護シンポジウム実行委員会 事務局長を歴任
  • 愛知県弁護士会 会報編集委員会 委員を歴任
  • 日本司法支援センター愛知地方事務所 副所長
  • 愛知県弁護士会 ADR調査室 室長を歴任
  • 国・岐阜労基署長(アピコ関連会社)事件(名古屋地判平成27年11月18日労判1133号16頁)原告代理人を歴任
  • 地公災基金名古屋市支部長(市営バス運転士)事件(名古屋高判平成28年4月21日労判1140号5頁)原告代理人
  • 国・岐阜労基署長(アピコ関連会社)事件(名古屋高判平成28年12月1日労判11161号78頁)1審原告代理人
  • 国・半田労基署長事件(テー・エス・シー)事件(名古屋高判平成29年2月23日労判1160号45頁)1審原告代理人
  • 地公災基金岐阜県支部長(A市職員)事件(名古屋高判平成29年7月6日労判1171号5頁・原審岐阜地判平成28年12月22日判決)1審原告代理人

学会および社会における活動

  • 公益法人愛知県労働協会 労働法講座「メンタルヘルスといじめの対策」 過労死・過労自殺・精神疾患をめぐる法的諸問題について
  • 公益法人愛知県労働協会 労働法講座「労働災害について」
  • 日本臨床法学教育学会第8回年次大会 部会「離婚をめぐる技術と倫理」(法曹倫理部会)司会
  • 公益法人愛知県労働協会 労働法長期講座「職場のハラスメントとメンタルヘルス」責任が大きく問われる安全配慮義務違反とは
  • 名古屋税関 講演会「ハラスメント対策の法的義務と管理者の役割」
  • 愛知教育大学「教員のワーク・ライフ・バランスを考えよう」
  • 公益法人愛知県労働協会 労働法長期講座「パワーハラスメントとメンタルヘルス」パワーハラスメントが引き起こすメンタルヘルス問題の深刻さと重大な法的責任
  • 公益法人愛知県労働協会 平成29年度愛知労働大学「職場のハラスメントとメンタルヘルス」
  • 厚生労働省主催 過労死等防止対策推進シンポジウム 岐阜会場 「安全配慮義務」について
  • 公益法人愛知県労働協会 平成30年度愛知労働大学「職場の長時間労働とメンタルヘルス」

趣味等

映画鑑賞